ごちゃごちゃベッドルームをシンプルにイメチェン!その2

前回のつづきです。

 

部屋をスッキリ見せる基本

目線より低い位置に物を配置する!

 

を実践しました。

 

さっそく

Before

 

 

 

 

After

 

(パノラマにつき歪んでますタラー

 

どうでしょうか〜かなりスッキリ見えませんかね???

 

もうひとつのポイントで

色を統一する

ってことも実践してみました。

 

主にやったことは洋服ラックを真っ二つに切ったことと、

不要なものを片付けたこと

だけなんですけど(笑)

 

まずは青いカーテンの奥にあったコート類は思い切って見せてしまおう!

と隠すのは止めました。

 

木材たちはトランクルームへ

黒歴史たちはこちらの記事にあるように、スツールの中材に(笑)

 

 

枕の上にあったシーズンオフの服が入ったジュートボックスは洋服ラックの下段に仕舞うことが出来たので、

空いた場所には敷布団を仕舞ってモロッカン柄のカーテンを付けたらだいぶスッキリ見えるようになりました。

(もちろんカーテンは母に縫ってもらいました笑 いつもありがとー)

 

 

剥がせる両面テープで貼っていた水色の壁紙を剥がしましたが、特に元の壁紙が変色していたり傷ついたりということは無かったです。

 

 

備え付けの棚に並んでるのはダイソーの収納ボックス!

400円のわりに作りもしっかりでオシャレ!

この中に結婚式グッズやシーズンオフの小物など仕舞いました。

 

ここも色を統一するだけでスッキリ。

 

パイプハンガーの部分は元々備え付けなのですが、ここは洗濯物を乾かすときに使うことにしました。

というか、洗濯物を干す場所が欲しくてラックを真っ二つに切ったってのもあるんですが(笑)

 

うち、ベランダが無いので洗濯物はカーテンレールに室内干しだったんですがいつかカーテンレールが落ちそうで怖くてタラー

備え付けのパイプハンガーがあるんだからそこを使いたいと思ってました。

 

布団や洋服があるのに湿気やカビは大丈夫?

と心配されそうですが、

冬場の湿度は20パー切りなカラッカラに乾いた部屋なのでむしろここに干した方が寝てるときに乾燥しなくていい!!!

(夏も50いくこと無いのよね)

(いいかげん加湿器買おうかしら)

 

 

カゴに仕舞っていた下着類には、新たに小さな棚を用意!

中が見えないように板をつけて取っ手と数字プレートをつけたら、ちょっと見栄えもいいかな。

 

時計やパスケースなどお出かけに必要なものもここに飾っておくよ。

 

 

 

 

枕元には丸太で出来たキャンドルホルダーと羊毛のひつじくん。

ひつじくんは去年のクリスマスミュンヘン市で母が買ってきてくれたもの。

このキャンドルホルダーとの相性がよすぎて照れ

 

 

ごちゃごちゃだったベッドルーム。

特に新しく買った家具などはありませんし洋服を処分したわけでもありませんが、

・目線より低い位置に物を配置する

・色を統一する

っていう基本のポイントだけ押さえたら、だいぶスッキリ見えるようになったかと。

 

 

リビングからの眺めも変わりました。

 

お気に入りの黄色いランプシェードが馴染んでいるのが嬉しい❤︎

 

 

 

出てます下矢印

 

 

 

 

ランキングに参加してます下矢印

にほんブログ村 インテリアブログ 一人暮らしインテリアへ
にほんブログ村

 

 

 

 

インスタ (nonchi.mongeeeeeee)

RoomClip (NONCHI)

 

ランキングに参加しています。 よければクリックお願いします! にほんブログ村 インテリアブログ 一人暮らしインテリアへ

わたしのお部屋が載っています〜!

この投稿へのコメント

  1. かつら猫 said on 2017年3月23日 at 4:01 PM

    SECRET: 0
    PASS:
    職場で爆笑しました!
    ヴァセリンの次はニベアですか⁉(笑)
    ニベア目立ち過ぎじゃないですか⁉(笑)
    これもインテリア!(>_<)

  2. ノンチ said on 2017年3月23日 at 10:46 PM

    SECRET: 0
    PASS:
    >かつら猫さん
    ニベア缶ってシンプルだし青いし、うちに似合うんですよね~チューブの方もリビングに置いてありますよ~(笑)ちょっと生活感のある感じというかちょっとダサい感じもたまんないんですよね~かつら猫さんに笑ってもらえて本望です(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL