靴箱の上にざっくり棚を作る その2

前回の続き。

 

背板は簡単に、ダイソーのBBQ網で

 

 

焦げ茶色のペンキをザザザーッとな

 

 

で、しばらく放置して他のことしていたら・・・

 

 

うわぁ変なとこで固まっちまった!

ある程度乾いたら、立てかけておけばよかった~ガーン

指で固まったペンキを取り除きながら

「ざっくり棚だから、多少汚れててもかっこいいじゃん?」

とあっさり切り替えるわたくし。

 

 

タッカーで網を打ち込んで、靴箱の上の芝生を敷いたら・・・

 

あれ、なんかうさぎ小屋みたい!

ここでハムスター飼いたい!ジャンガリアン!ジャンガリアン!

 

と、謎の興奮に包まれましたが

 

 

素直にペンキを置き

 

 

よく使う工具たちを置き

 

 

ドリルもよく使うから出しておきましょう。

オジャガデザインの箱にはネジや金具が入ってるよ。

余っていた引き出し用の取っ手を定規ホルダーにしてみた。

 

 

ブレーカーを隠す布を留めて、はい完成~~!!

 

あれ、なんか違う・・・

なんかイメージじゃない・・・

 

ざっくり棚なのに、あの赤い布がファンシーな雰囲気を醸し出している・・・!

むしろ芝生と赤い布でクリスマスカラー!?

 

なんなら、リサラーソンのパスケースもここに来て謎のオシャレ北欧感を出してしまっているよ、ここは北国だけど北欧じゃないんだぜ!

 

最後の最後、赤くてレトロファンシーな布たちでイメージがぶっ壊れました。

 

さーせん、出直してきますチーン

 

まだ続く。

(笑)

ランキングに参加しています。 よければクリックお願いします! にほんブログ村 インテリアブログ 一人暮らしインテリアへ

わたしのお部屋が載っています〜!

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL