賃貸にネジを打って現状回復してみた

今回は地味な絵面な記事になりそうですが、知りたい人には有用な情報になると思うのでレポします(笑)

 

賃貸にネジを打って現状回復してみた

 

キッチンを改造するまでは壁面にダイソーの木箱に色を塗ったものを三つ飾っていました。

 

電動ドリルとネジで。

 

それを現状回復しました。

 

とても有名な方法なんですがその後の原状回復のレポが少ないので、人柱になるつもりでやってみたってわけです

 

あくまで自己責任でお願いします!

 

 

この方法、知らない方のために説明を。

 

 

下手な字でごめんなさいガーン

 

ビニールクロスの壁紙でしたら間違いなくできます。

壁紙に、1センチ四方くらいのカットを入れます。

スーッとカッターの刃を優しくね。

一辺だけ残しておきます。

切り込みにカッターの刃を滑り込ませて、そっとめくります。

ちなみに残しておく箇所は左右上下どこでもよし。

この木箱の場合、上に残すと壁紙が思い切り折れ曲がってしまうので、下に残しました。

 

それを、原状回復。

 

まずネジを外すと、見事に石膏ボードに穴が空いてました。

そして穴の周囲には盛り上がった石膏ボードのくず。

 

このくずは払っちゃダメです。

カッターの刃先や定規の端っこなどで、そっと穴の中に戻します。

 

(真剣すぎて画像がない真顔

 

詰めて、平たいもの(定規を使いました)で上から平面になるように押し付けます。

カットした壁紙を被せたときにボコボコになったら困るから、ここは丁寧に均します。

 

のりは普通のスティックのり(しわなしピット)を使いました。

カットした部分に塗って、ピタリと貼り付ける。

 

 

切れ込みよりも木箱を設置するときに鉛筆で付けた印のが目立ってる(笑)

 

指で周囲の壁紙と均すように整えます。

鉛筆の跡も消しました(笑)

 

さぁ~どうなったかな

 

 

どこでしょう?

わかりますかね?

なんとなくわかる?

 

 

こんなに近づいてこの感じ。

壁に近づいてよ~く探してなんとか見つかるレベルです。

たぶん意識しないとまったくわからない。

 

わたくし、この穴を6箇所原状回復したのですが、今になって壁を見上げても一体どこに穴を空けていたのか、まったくわかりませんポーン

 

 

そんなわけで、この壁紙ペロリネジブサリ作戦は原状回復可能という結論です!!

 

が、が、が、

 

もし業者さんが壁紙を張り替えることがあったら、確実にバレますね~

「あ、前の人穴空けたな」って気付きます。

 

わたし的には画鋲の跡よりも全然目立たないので、部屋に画鋲をブスブス刺すくらいならこっちの方法のがよっぽど壁がキレイだと思うんですけど

 

やっぱり賃貸、借り物。

 

その辺は自己責任でよろしくお願いしますニヤリ

 

まぁ~次は必要に迫られたらこの方法使うけど、なるべくは空けない方法を考えて賃貸DIYに精を出すって感じにしておきます!

 

ランキングに参加しています。 よければクリックお願いします! にほんブログ村 インテリアブログ 一人暮らしインテリアへ

わたしのお部屋が載っています〜!

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL