洋服ラックを作った

入居してすぐにホームセンターで購入した木材を運び込み、1ヶ月近くこの状態↓

 

 

だったことは、最初の記事でご紹介しましたが(笑)

 

わたしが一番はじめに作ったのは、洋服用のラックでした。

 

ズボラなわたくし、タンスが苦手なんです。

 

小さい頃からタンスの中はいつもぐちゃぐちゃ。

 

衣替えの時期にキレイに整理整頓しても、一週間も経てばぐちゃぐちゃ。

 

そんな自分の性格が嫌になって、タンスとの決別をしました(笑)

 

で、作ったのがオープンラック。

 

たかが洋服のラックにツーバイ材を使ってかーなーりー頑丈に出来ています・・・

(大型水槽とか乗せられるレベルだよコレ)

 

 

まずは縦の部分。板を3枚、ワンバイ材で上下固定します。

 

そのあと、横の棚を外側から電動ドライバでネジ打ちしていきます。

 

ここでも勿論コーナークランプ大活躍。

 

で、塗装。

 

 

なんだこの悪趣味な赤!ゲロー

(思わず絵文字使っちゃったよ)

 

半年も経たずに塗り替え

 

 

だよねだよね、うちはこの色だよね!?
ていうかあの不気味な赤が合う家なんてあるのか

 

パウダーブルー?ちょっとグレーかかっているから、パウダーブルーグレー!(笑)

 

ちなみに、現在では塗装は必ず組み立ての前に行っています。

 

組み立ててサンダーかけてから塗装、の人の方が圧倒的に多いかもしれないんだけど、

 

最初の赤を塗っていたとき、どうしても板と板の隙間に色が入っていかないのとか、縦のラインはペンキが垂れてしまったりとか、そういうのが面倒くさくて!

 

今では↑の画像左側のように、板をカットしてサンダーをかけたら塗装、そして組み立て、の順番で作っています。

 

わたしにはこっちの方が仕上がりもキレイだし、とってもやりやすい♪

 

 

ニトリのカラーボックス収納をいろんな種類買って、ジャンル別に細かく分けてこんな感じで収納しています。

 

このスタイルにしてから、洋服がぐちゃぐちゃ、しわくちゃ、ってのはだいぶ解消されました!

 

一番最初に作った家具、かなり愛着があります♪

 

※ツーバイ材、ワンバイ材・・・ホームセンターで売ってるSPFの安価な材木です。

規格サイズがあるので設計をするときもとても便利。

(ここで言うツーバイ材は2×4というサイズです。ワンバイ材は1×4)

ワンバイ材は板壁とかにもできる厚さ19ミリ、横幅89ミリの薄めの板。

ツーバイ材はこのラックで使っている厚めの板。厚さ38ミリ、横幅89ミリ。

 

うちの家具はほぼほぼワンバイとツーバイで作っているので、ちょっと※印で説明してみました(笑)

 

 

 

ランキングに参加しています。 よければクリックお願いします! にほんブログ村 インテリアブログ 一人暮らしインテリアへ

わたしのお部屋が載っています〜!

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL