インターホンカバーを作ってみた

先日RoomClipにアップしたインターホンカバー、ずっと作ろう作ろうと思いつつなかなか実行出来なかったんですが、ダイソーでフレーム買った勢いで二時間くらいで出来ました。

我が家のインターホンはモニターもないただの黄ばんだ物体で(笑)ずっと気に入らなかったんですよね!

ブログ慣れしていないから、Before画像が無いという失態・・・

さてさてまず、ダイソーで買ってきた木材をカットします!

フレームのサイズを測って木材にきっちりと線を引いてカットしていきます。準備が大事。

画像が無いのはジグソー作業は真剣だからです(笑)

ダイソーで売ってる木材は柔らかいし歪んでいたり割れていたりと状態があまり良く無いので、買うときに注意です。

でも逆に加工しやすくて、ジグソーが無い場合も手ノコでイケると思います。

軽くサンダーをかけて、木材の準備は完了!

で、ワトコオイルのダークウォルナットで着色です。

フレームはだいたい同じ色選んできたから色塗りはしないよ~

乾かしている間にフレームに入れる絵をプリント。

某バンドのアルバムジャケットをスキャンして加工して使わせてもらいます。

結構色味にはこだわるから、何枚かプリントして結局真ん中を選んだよ~

乾いたらさっきの木材を組み立てます。

ここでクランプの登場です。

コーナークランプが無いと、ハコモノは作れませんので必ずひとつは欲しいです。

きっちり90度に合わせてネジ打ちすれば、多少ゆがんだ木材でもまっすぐ仕上がります。

ネジ打ちは、このダイソーの木材の場合必ず下穴がいります。

こんなに柔らかい木だから下穴なくてもネジ入れられるんだけど、とにかく割れやすい!特にはしっこ!

はしっこにネジが打ってある方が仕上がりがかっこいいよね、ってことで面倒だけど必ず下穴を開けてからネジ打ちしていきます。

あれ、出来ちゃった・・・!画像、ないよ(笑)

箱を組んでから、おうちにあった蝶番でフレームを留めて、これもおうちにあった鍵フック?みたいな金具をつけて完成(笑)

あのフックみたいなの確かセリアかな、出先で見つけたら買っておいて工具箱に入れたままにしておくから、よくわからないです;

箱の内側に画鋲を打てるようにフレーム用の金具をつけたよ。

四箇所留めたら、多少揺すっても動かないくらいガッチリ設置できました!

引きの感じ。

床に置いてあるポスターと雰囲気が合っていい感じ♪

掃除機が置かれたままなのは気にしないで♪(笑)

あれから一度だけインターホンが鳴ったけど、音もちゃんと聞こえて問題無しです!(月に1回くらいしか鳴らないインターホンw)

材料費は200円と、おうちにあった金具たちで多分500円もかかって無いかと。

時間は2時間くらい!

飽きたら中の絵を変えられるのがポイントです。

こういう小物もほとんど自作なので、またちょいちょい紹介したいと思います。

読んでくださってありがとうございます♪

ランキングに参加しています。 よければクリックお願いします! にほんブログ村 インテリアブログ 一人暮らしインテリアへ

わたしのお部屋が載っています〜!

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL