お部屋中にクッションフロアを敷きつめた

賃貸の我が家、もともとは壁も建具も床も真っ白!なお部屋でした。

 

 

前の賃貸の部屋では同じような白い木目のクッションフロアを敷いていたのですが、とにかくゴミが目立つのです。

 

髪の毛一本落ちてるだけでも目立って、お掃除好きな人にはいいかもしれないけれどズボラなわたしには合わなかったみたい。

 

多少散らかっていても掃除が行き届いていなくても、パッと見キレイに見える派手な床にしようという魂胆で、今ではすっかり有名なこちらのクッションフロアを購入しました。

 

 

 

購入を検討していたときにはレビューも少なくて、あっても洗面所やキッチンのリフォームのみ。

 

全部屋を敷いてる人なんていなくて(笑)不安だったんですが、10メートルほど購入して敷いてみたところ。

 

 

あらっいいんじゃない!?

 

 

これは寝室兼クローゼット!(寝室と呼ぶには狭いので、わたしは「寝床」と呼んでいます笑)いいんじゃない!?

 

 

水周りとは相性バッチリだよね!

 

 

トイレもね!

 

なんだか、部屋がひと続きで同じタイル柄って外国のアパートみたいな感じ?
(言い過ぎなのは自分でも分かってる笑)

 

このクッションフロアを敷き終わってから、お部屋の全体像がくっきりと浮かび上がってきたように感じました。

 

あ、肝心のDIYネタ。

 

賃貸なので、なるべく両面テープも使いたくなかったわたしは、この上に家具が乗るぞっていう壁際には一切テープ類は使いませんでした~

 

使ったのはクッションフロアとクッションフロアのつなぎ目。

 

足が引っかかってめくれることが無いように、つなぎ目の部分のみ剥がせるタイプの両面テープで止めただけです。

 

金額もそんなにかからないのに、ガラリとイメチェンが出来て床ってホント大事!

 

クッションフロアを敷くことによって、大工仕事でペンキがついたりしても気にならない!という利点もありますよ!

 

ただ気になる点は、壁紙屋本舗さんの売り方が上手なおかげでこの柄のユーザーさんがどんどん増えて、インテリアサイトで同じ床を見かけることが増えた・・・くらいでしょうか(笑)

 

床全体に敷き詰めるのは大変なので、お引っ越しの前、鍵をもらったらすぐの作業がオススメです♪

 

 

ランキングに参加しています。 よければクリックお願いします! にほんブログ村 インテリアブログ 一人暮らしインテリアへ

わたしのお部屋が載っています〜!

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL